神崎循環器クリニック 097-538-2550
ホーム院長あいさつ健康診断のご案内心臓超音波検査のご案内各種疾患診療のご案内診療案内お問い合わせ連携病院

通常の心エコーのほか、組織ドプラ法による左室拡張機能測定カラーキネシス法負荷エコー3Dエコーなどで詳しく心臓を検査します。
冠動脈エコー頸動脈エコー椎骨動脈エコー胸部大動脈・腹部大動脈エコー下肢動脈エコー腎動脈エコーなど、全身の動脈を超音波で検査します。

各検査の詳しい説明はこちら

>冠動脈エコー
>カラーキネシス法
>負荷エコー
>組織ドプラ法による左室拡張機能測定
>頸動脈・椎骨動脈エコー
>下肢動脈エコー
>胸部大動脈・腹部大動脈エコー
>腎血管エコー

冠動脈エコー

心臓を取り巻いて心筋に酸素や栄養分を供給する動脈を冠動脈といいます。その冠動脈に動脈硬化が生じ、血管内腔が狭くなり血行障害や閉塞が起こると狭心症・心筋梗塞を発症します。


冠動脈エコーとは血管超音波検査の一つであり、冠動脈の血流波形を記録して解析することにより、冠動脈の狭窄度を判定する検査です。狭心症・心筋梗塞の診断に大変有用です。

▲このページのトップへ

カラーキネシス法
左室内膜の拡張する速さを色分けして表示することで、冠動脈の狭窄や閉塞により心筋虚血に陥って機能が低下した左室壁や、狭心症発作を起こしやすい左室領域を検出します。左心室の虚血部位を特定することで、冠動脈のどの枝に狭窄・閉塞が生じているか診断できます。

▲このページのトップへ

負荷エコー
狭心症の場合、症状のない時は心電図に異常が出ません。そこで電動式ベルトの上を歩くトレッドミル運動負荷、或いは自転車のようにペダルを漕ぐエルゴメーター運動負荷を行い、心筋虚血を誘発します。
運動負荷試験中の心電図の変化以外に、心エコーのカラーキネシス法で心筋虚血による左室壁運動の異常領域を検出しますので、より正確な狭心症の診断が可能です。

▲このページのトップへ

組織ドプラ法による左室拡張機能測定
心臓の機能はこれまで左室収縮機能を測定し評価していましたが、最近では左室拡張機能も重要視されるようになってきました。左室拡張機能障害は左室拡張末期圧の上昇を意味し、心不全に限らず不安定狭心症や各種心疾患、不整脈の診断・治療効果の判定などに有効です。

▲このページのトップへ

頸動脈・椎骨動脈エコー
頸動脈は体表面近くに存在しますので、超音波検査により明瞭に映し出すことができます。そのため血管壁の厚さを正確に測定できるのです。頸動脈の動脈硬化は全身の動脈硬化の指標でもあり、動脈硬化の進行を診断するうえで極めて有意義な検査です。
また頸動脈・椎骨動脈エコーの血流記録は、一過性脳虚血発作との鑑別や脳梗塞発症リスクの高い患者さんの早期発見に有効です。さらに頚部エコー検査の際には甲状腺も診ますので、甲状腺疾患を発見することもあります。

▲このページのトップへ

下肢動脈エコー
血圧脈派検査で閉塞性動脈硬化症が疑われた場合、下肢動脈の各所で血流を記録することにより、総腸骨動脈以下の動脈の狭窄部位や狭窄の程度が診断できます。
さらに詳しく検査する必要がある場合MRA(MRIによる血管造影)やマルチスライスCTのできる施設を紹介しています。

▲このページのトップへ

胸部大動脈・腹部大動脈エコー
胸部大動脈瘤・腹部大動脈瘤、大動脈炎症候群なども超音波検査で診断でき、経過観察にも有用です。

▲このページのトップへ

腎血管エコー
腎臓の形態的な異常ばかりでなく、腎動脈の血流波形を解析することにより、腎動脈の狭窄の有無や腎血管抵抗値が計測できますので、腎血管性高血圧症や高血圧性腎硬化症の診断に役立ちます。

▲このページのトップへ


HOME院長あいさつ心臓超音波検査のご案内各種疾患診療のご案内診療案内お問い合わせ連携病院
医療法人社団 神循環器クリニック
Copyright(C)2008.Kanzaki Clinic of Cardiovascular Medicine. All rights reserved.